ほうれん草から抽出されるチラコイド、その正体とは

チラコイドとはほうれん草に含まれる天然化合物です

チラコイドとはスウェーデンで発見されたほうれん草に含まれる細胞のひとつで天然化合物の一種です。働きとしては血糖値の上昇を抑えたり、消化や吸収を遅くすることができるため満腹感を得ることができます。

空腹感を和らげることが出来るためダイエットに効果的なアイテムとしてアメリカなどの海外では特に注目されています。 この成分はストレスを無くすために開発されていて、満腹ホルモンである「レプチン」の分泌量を増やす働きがあります。一晩絶食した健康な人に対して「レプチン」が入っているこの成分を摂取してもたったところ普通の食事の場合と比べて満腹ホルモンの分泌量が1.5倍になったという研究結果もでています。

そのためなかなか満腹感を感じられない、すぐお腹が空いてしまう方やストレスによって食欲が増してしまうタイプの人にはダイエットの補助アイテムとしてとくにおすすめです。

この成分は食物の消化吸収を抑制することでインシュリンの分泌をおさえる効果も認められているので血糖値の上昇が緩やかになり太りにくい体質を作りやすくできます。この成分は不要な糖分への欲求を抑えることができるので不要な間食をしてしまいがちな方にもおすすめです。

チラコイドはサプリメントで取り入れるのがおすすめです

ホルモンを整えることで空腹感を減らしたり血糖値の上昇を緩やかにし、生活習慣病を予防し太りにくい体を作ることができるこの成分はサプリメントで摂取するのがおすすめです。特別な食事制限を行わずに1日3食に追加しただけで1週間で-1kg程度、1か月であれば-3kg程度のダイエット効果が期待できます。

ほうれん草に入っている成分ならそのまま食事に取り入れればよいように思われがちですが、この野菜にはシュウ酸が含まれています。シュウ酸は湯がくことなどで軽減できますが、カルシウムと結びつくことで摂取しすぎると骨粗しょう症の原因にもなる成分です。

サプリメントを使用すればシュウ酸を気にせずに接種することが可能です。 この成分の成分の満腹効果は6時間程度と言われています。効果的に摂取したい場合には朝食や昼食時に摂取すれば間食を減らすことができます。脂質に反応することで効果を発揮するので小さじ1杯のオリーブオイルや牛乳、豆乳などと一緒に取り入れるとよいでしょう。

デメリットとしては間食が原因で太りやすい方には向いていますが、普段から食事に気をつけている人には効果が出にくいことがあります。食物アレルギーがある方は医師に相談したうえで使用してください。

参考サイト⇒【衝撃体験】チラコイドダイエットの効果の真実とは?口コミを大暴露